ニートからの就職が怖い人におすすめの就職サイト3選!30代でも人生逆転は無理じゃない!

様々な理由や状況によってニート生活を送っている人の中には、ニートから脱却して就職したいと考えている方も多いでしょう。

しかし、いざ就職活動を始めようと思い立っても、どのように行動すればいいのか分からず、このような悩みを抱えてはいませんか?

「コロナ禍でもニートからの就職はできるの?」
「いきなりの就職活動や仕事は怖いからサポートしてほしい!」

ニートの方向けの就職サイトや就職支援サポートは種類が豊富なので、どれを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、脱ニートを成功させるために必要な就職サイトやおすすめの職種、内定を勝ち取る面接対策まで詳しく解説します。

本記事でわかること
  • コロナ禍におけるニートの就職活動
  • 一生ニートの人の末路
  • 社会復帰した人の体験談
  • 就職支援サービスの利用方法
  • ニートが就職しやすい業界や職種
  • 就職までの流れ

一生就職をしないニートの末路も紹介していますので、就職活動に踏み出す第一歩のきっかけにして頂けたらと思います。

最後までお読みいただくことで、就職までの流れから内定を勝ち取るところまで把握することが可能なので、ぜひ参考にしてください。

目次

ニートの定義とは?コロナ禍では就職できない?

ニートとは英語の「Not in Education, Employment or Training」をNEET(ニート)と略したもので、和訳すると「就学や就労していない、職業訓練も受けていない」状態を表しています。

また、厚生労働省が発表している『厚生労働白書』では、ニートと同じような意味として「若年無業者」の定義を以下のように定めています。

  1. 年齢は15歳から34歳
  2. 非労働力人口のうち、家事や通学をしていない者

つまり、日本におけるニートとは「通学や就職、職業訓練を受けていない15歳から34歳」となります。

さらに新型コロナウイルスの感染拡大によって、ニートの就職がより厳しいものになっていると思われがちですが、「株式会社アキュート」による就業経験がない失業者を対象にした就職支援サービス「ワークライフなび」など、心強いサービスや就職サイトが続々誕生しています。

20代と30代の大卒ニートの割合

総務省統計局が発表している「人口推計の結果の概要」とYahoo!ニュース「2020年時点で87万人…「ニート」数の推移と現状をさぐる(2021年公開版)」の統計データによると、年代別のニートの割合は以下の通りになります。

総人口 ニート人口 ニートの割合
15~19歳 560万人 19万人 2.9%
20~24歳 637万人 18万人 3.5%
25~29歳 633万人 14万人 4.5%
30~34歳 648万人 18万人 3.6%
35~39歳 730万人 18万人 4%

また、労働政策研究・研修機構の「非求職無業者(ニート)の経歴と意識、世帯の状況」によると、大卒のニートの割合は13.2%で、そこまで高くない数値となっています。

最も割合が多いのは高卒の57.2%で、学歴や高校卒業後の早期退職が原因だと考えられており、比較的に大卒の方は再就職がしやすい環境であると言えるでしょう。

コロナ禍で就職も社会復帰もできない?

現在はコロナ禍による就職氷河期の再来が不安視されていますが、22卒の就活状況は数字上では良好です。

就職や採用に関する研究をしているリクルートキャリア「就職みらい研究所」の調査では、2021年2月1日時点の22年卒学生の就職内定率は「9.9%」となっています。これは前年比の「+0.9%」で、調査を実施している16年卒以降、過去最高の数値となっています。

さらにニートの就職に関しても、「株式会社アキュート」による就業経験がない失業者を対象にした就職支援サービス「ワークライフなび」や、取締役の全員がニートである「NEET株式会社」が2021年も取締役を追加募集しているなど、必ずしも状況が悪いわけではありません。

もちろんニートからの再就職に特化した就職サイトや、ハローワークなどの就職支援サービスも充実しているため、諦めずにまずは一歩踏み出すことが大切です!

就職しないで一生ニートの人の末路

ここからは、少し厳しいですが「一生ニートの人がどのような末路を辿るのか」を紹介します。

  • 高齢ニートになって両親から見放される
  • 両親や親戚の高齢化
  • 引きこもりによる社会からの孤立
  • ホームレスになってしまう
  • 最悪の場合は餓死や孤独死

上記は最悪のケースですが、どれも割と現実的な話になるので「自分は大丈夫」だと思えるのは今だけかもしれません。

特に「両親から見放される」「社会から孤立する」というのは多くのニートが迎える末路で、全ての親は平等に歳をとっていくのでいつか定年を迎えてしまいます。親に生活費を援助してもらえるのは若いうちだけなので、30代までには親のお金で生活することはやめましょう。

さらにニートはずっと引きこもっているという方も多く、両親以外の第三者と関わる機会がないため、社会から完全に孤立してしまう恐れも大いにあります。

就職を成功させて、このような末路になることは絶対に避けるようにしましょう!

ニートからの就職を成功させる方法!絶対に使うべき就職サイト3選

掲載企業数 登録者数 サービス開始
ハタラクティブ 300社以上 非公開 2012年
UZUZ 非公開 82,615人 2012年
Re就活 11,046社 合計1,800,000人 2004年

ニートの方が手探りで就職活動の第一歩を踏み出すのは困難なので、就職サイトやエージェントの利用は必須です。

ニートに特化した就職サイトには詳しい求人情報や就職活動に役立つアドバイスが掲載されており、エージェントは応募から面接対策までを一貫してサポートしてくれます。

それぞれの就職サイトやエージェントには特徴や得意なポイントがあるため、自分に合った就職サイトに絞って活用する必要があります。

そこで、ニートの方が利用必須な就職サイトを3つ厳選して紹介しますので、ぜひ就職活動の心強い味方として利用してください。

ハタラクティブ

項目 詳細
運営会社 レバレジーズ株式会社
サービス開始 2012年
種類 就職エージェント
掲載企業数 300社
登録者数 非公開
対応エリア 東京/埼玉/千葉/神奈川/名古屋/大阪/福岡

圧倒的な内定スピード!20代向けのマンツーマン就職エージェント

フリーターやニートの方の初就職に特化した就職エージェントで、利用者の3人に2人が正社員経験がない未経験からの就職を叶えており、ハタラクティブで内定を獲得した方の86%が大企業に内定しています。

未経験に特化したサポートが魅力で、プロがあなたの状況に合わせたアドバイスを行い、適性のある仕事だけを紹介。性格や得意に合わせて「向いている可能性が高い会社」だけを厳選してくれるため、仕事選びで迷うことがありません。

さらに応募する企業に合わせた選考対策を1社ずつ丁寧に行っており、ニートからの就職でも安心して臨むことができます。

サイトにはニートが就職するために参考になるコラム記事が多数掲載されているので、エージェント以外のサポート体制が充実しています。

勤務地の対応エリアも東京・埼玉・千葉・神奈川・名古屋・大阪・福岡と幅広く、地方在住でも登録可能なのでぜひ利用してみましょう!

UZUZ

項目 詳細
運営会社 株式会社UZUZ
サービス開始 2012年
種類 就職エージェント
掲載企業数 非公開
登録者数 82,615人
対応エリア 東京/横浜/大阪/名古屋/福岡

就職支援実績は3万人以上!入社後の定着率も高い就職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した就職支援を行っているUZUZは、一人当たり平均12時間かける充実の就活サポートが魅力です。

初回1時間のキャリアカウンセリングで一人一人の強みを活かせる求人を紹介し、自分自身も気付いていないアピール材料を集めて推薦状を作成するため、書類選考通過率は脅威の87%を誇ります。

サポートも手厚く、仲間と就活する「集団形式」やマイペースで進める「個別形式」から選ぶことが可能。通常の就職支援サービスだけでなく、研修型就活サービス「ウズウズカレッジ」というスクールもあり、未経験からエンジニアやプログラマーを目指すこともできます。

また、実際に企業に訪問して労働環境や教育体制などを細かくチェックし、厳格な判断基準を設けてブラック企業を徹底排除。過去入社した先輩から、定期的に入社後のフィードバックをもらっているので安心です。

Re就活

項目 詳細
運営会社 株式会社学情
サービス開始 2004年
種類 就職サイト
掲載企業数 11,046社
登録者数 合計1,800,000人
対応エリア 全国

企業からスカウトも届く!20代専門のNo. 1就職サイト

Re就活は「20代専門の転職サイト」というコンセプトを掲げている就職サイトで、実際に利用している人の90%以上が20代なので若手人材の就職に特化しています。

エージェントではなく就職サイトなので「ニートの就職は不利」だと思われがちですが、20代専門の就職サイトであるRe就活は「未経験歓迎求人」が豊富です。つまり、職歴が短いフリーターやニートの初めての就職でも安心して使用することができるため、多くの人から支持されています。

また、20代向けの各種特集ページを多数掲載しており、転職イベントも多数開催。企業から連絡が来る「スカウト機能」の利用や、エージェントサービスに相談することも可能なので、ぜひ一度は利用してほしい就職サイトです。

【男性/女性】ニートが就職した結果!社会復帰の体験談まとめ

ここでは、実際に社会復帰をしたニートの体験談をご紹介します。就職した結果を詳しく紹介しているものもあるため、ぜひ参考にしてください。

https://twitter.com/panya02/status/1448038173532045312

やはりニートからの社会復帰で一番きついのは「体力面」という意見が多かったです。動いていない期間が続くといきなりの仕事についていけないので、ニート生活の中でも毎日少しづつ体を動かすことを意識しましょう。

社会復帰までの道のりも気が重くなりますが、入社後の毎日ももちろん大変です。上記の体験談にもあるように、エージェントの社会復帰後もサポートしてくれるサービスを積極的に利用しましょう。

意外にも「ニート期間は辛かった」という意見も非常に多くありました。社会復帰した後は仕事で大変な毎日が続きますが、それ以上の報酬ややりがい、仲間との繋がりといったニート時代には手に入らないものがたくさんあります。まずは、エージェントに相談するだけでも社会復帰への立派な第一歩ですよ!

https://twitter.com/ps05900922/status/1387615338661961734

ニートからの社会復帰で、今までの環境よりも良くなったという方もいます。「ハタラクティブ」「UZUZ」などの優秀なエージェントを利用したり、「Re就活」といった未経験の求人を多く掲載している就職サイトであれば、ニートの方でも就職先をある程度選ぶことができます。

無職の大卒ニートがハローワークや就職支援サービスを利用するのに必要なもの

ニートの方がハローワークなどで利用できるサービスは主に以下の4つになります。

  • 失業給付金を受け取る
  • 職業相談
  • 職業紹介
  • 職業訓練の相談・申し込み

ニートの方が初めてハローワークで求職者登録を行い、職業相談などをする場合は特に必要なものはありません。

しかし、求職者登録を行う際に過去の職歴などを記入するので、事前にまとめたメモなどを持参するのがおすすめです。

また、ニートの方がハローワークで失業保険の申し込みをする場合、以下の持ち物が必要となります。

  • 雇用保険被保険者離職票(1と2)
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカード・個人番号の記載のある住民票など)
  • 身元確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 写真(縦3.0cm×横2.5cm)2枚
  • 印鑑(認印可)
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

特にスーツなどを着用する必要もないので、服装は普段着で問題ありません。これから社会復帰の第一歩を踏み出すので、清潔感のある格好で身だしなみを整えていきましょう。

引きこもりや職歴なしでも利用できる?

もちろん利用可能です。むしろニートの方や職歴がない方は積極的に利用するべきサービスになります。

初めての利用は不安になることも多いと思いますが、ハローワークなどはスタッフが優しく丁寧に教えてくれるので、安心して積極的に活用してくださいね!

ニートでも利用できる就活支援サービスの活用法

最終的にはエージェントや就職サイトで就職先を見つける方も多いですが、まずはハローワークから社会復帰をスタートしてみるという方も大勢います。

ハローワークは求人情報を得られる以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 職業適性検査の利用
  • 就職セミナーへの参加
  • 履歴書の添削
  • 面接対策

まずはハローワークのスタッフに相談して、上記のサービスを受けてみるのがおすすめです。

また、本格的に社会復帰する前に「まずは仕事を体験してみたい」という方は、社会人インターンシップを利用してみるのも良いでしょう。

インターンシップは学生のイメージがある人も多いと思いますが、社会人のインターン生を募集している企業も多数あります。採用期間は1週間〜3ヶ月などさまざまで、事前に期間が決まっていることで初めての就職でも挑戦しやすいのが特徴です。

実際に働いてみることで、社会復帰後のイメージを具体的に持つことができ、インターン先の企業とマッチすればそのまま正社員として採用されることもあります。

【年代別】ニートが就職しやすい業界や職種

それでは、実際にニートが就職しやすい業界や職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

就職しやすい業界などに固執する必要はありませんが、選択肢の一つとして考えておくのはおすすめです!

ニートが就職しやすい仕事は、人手が足りていない職業や未経験でもはじめやすい仕事になります。

20代ニートから脱出しやすい業界と職種

  • 接客業
  • 介護職
  • 建設業界の職人
  • 工場勤務
  • ドライバー
  • IT業界のエンジニア
  • 営業職
  • 配達員

20代の場合はまだまだ体力があるので、体を動かす仕事にも就職しやすい傾向があります。

特に介護職などは人材が不足しているので、未経験者歓迎の募集が多数掲載されていますよ!

工場勤務やドライバーは他人とコミュニケーションを取る機会が少ないので、ニートからの社会復帰にも向いている仕事です。

職歴なしの30代ニートでも就職しやすい業界と職種

  • 清掃業
  • 工場勤務
  • ドライバー
  • IT業界のエンジニア
  • 営業職
  • 警備員
  • 倉庫管理
  • 配達員

職歴なしの30代は、とにかく学歴や職歴を問わない未経験者歓迎職がおすすめです。

実際に清掃業や工場勤務、IT業界のエンジニアなどは未経験の人も積極的に採用している職種になります。

特にIT業界は今後さらに人手が足りなくなると言われている業界なので、他の職種と比べると高収入な点も魅力です。

40代のニートでも社会復帰できる業界と職種

  • IT業界のエンジニア
  • ドライバー・配達員
  • 清掃業
  • 警備員
  • 倉庫管理

40代は体力が衰えている場合が多いですが、比較的に体を動かす仕事が就職しやすいと言われています。

特に清掃業や警備員、倉庫管理などは覚える仕事も少ないので40代でも入社後に即戦力としてすぐ働ける職種です。

運転が好きな方はドライバーや配達員という選択肢も良いでしょう。エンジニアはニート期間中に勉強しておくことで、40代でも就職ができる可能性がありますよ!

無職のニートが正社員に就職する流れとは?

ニートが正社員に就職するルートとしては、以下の3つがメインになります。

  • アルバイトから「正社員登用制度」を利用する
  • 社会人インターンシップ」を利用して正社員として就職する
  • 就職サイト・エージェント」を利用してアルバイトを経ずに正社員として就職

アルバイトから正社員に登用される場合はかなりの時間がかかり、社会人インターンシップは正社員として採用される可能性が高いですが、社会人インターンとして採用されるのは狭き門なので非常に難易度が高くなっています。

そこで、最もおすすめなのが「就職サイト・エージェント」を利用して正社員採用を狙う方法です!

特に就職エージェントはニートの不安点を一つずつ解決し、内定までしっかりとサポートしてくれる心強い味方なので、以下の正社員採用までの流れを参考にして、まずは全体像を把握しましょう。

就職エージェントの流れ
  1. WEBサイトから転職エージェントへ登録する
  2. 担当アドバイザーと面談の日程調整をする
  3. 担当アドバイザーと面談して詳細をヒアリング
  4. アドバイザーから希望に合った求人を紹介してもらう
  5. 履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を行う
  6. 希望する企業へ応募する
  7. 書類選考通過後、企業と面接を行う
  8. 内定獲得後はアドバイザーに給与交渉や入社日調整を行ってもらう

どの就職エージェントでも基本的には上記の流れで就活が進むので、ぜひ積極的に活用してください。

内定を勝ち取る面接対策

ニートの方が正社員の内定を勝ち取るためには、以下のポイントを抑えて面接に挑みましょう。

  • 大前提として「準備を怠らないこと」が最も大切
  • 採用試験を受ける企業の業界や会社について入念に調査する
  • 自分の強みを分析する
  • 可能であれば面接で話せるスキルを身につけておく
  • ニートになった理由で嘘をつかない(極力ポジティブに言い換える)
  • 採用後にすぐ辞めない/働く意欲があることをアピールする

特にニートや無職の方が就職活動をする場合は、必ず面接でニートになった理由やニート中の生活について質問されます。

その時になるべくポジティブに言い換えて嘘をつかずにきちんと理由を伝え、現在は就職に向けての意欲があることを伝えると印象が良くなります。

大前提として面接対策の準備は怠らず、面接当日までに一つ一つ答えられる質問を増やしていきましょう。

ニートの就職に関するQ&A

最後に、ニートの就職に関するよくある質問に回答していきます。

30代で職歴なしのニート女性でも就職できる?

30代で職歴なしの女性でも就職は可能です。

しかし、ハローワークなどでは選択肢が限られており、アルバイトからの正社員登用では時間がかかりすぎてチャンスを逃してしまうため、就職サイトやエージェントの利用が必須になります。

男性と女性に関わらずニートからの就職に資格は必要?

ニートからの就職に必要な資格は特にありません。しかし、男女に関わらず資格は持っているに越したことはないので、時間があるのであれば資格取得を目指すのがおすすめです。

  • 普通自動車免許
  • TOEIC
  • マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)
  • 基本情報技術者
  • 日商簿記
  • ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定
  • 秘書検定2級・ビジネス実務マナー検定2級

上記の資格は比較的幅広い職種で役に立つものなので、ぜひ勉強を始めてみてください。

就職できない一生ニートの人の特徴は?

個人差があるので一概には言えませんが、一生ニートでいる人には以下のような特徴があります。

  • ネガティブ
  • 過去を引きずる
  • 業界や職種に偏見がある
  • 行動力がない
  • 反省できない
  • コミュニケーションが苦手
  • プライドが高い
  • 他力本願

少し当てはまるくらいであれば大丈夫ですが、全てに心当たりがあるような人は、一つずつ改善していきましょう。

30代ニートでも起業できる?

30代のニートでも起業は可能ですが、本当に一握りの人だけが成功するような世界です。

まず就職活動で成功を掴めないようでは、起業は不可能と考えて良いでしょう。

ニートの就職まとめ

ニートが就職活動を成功させるために、ニートに特化した就職サイトやエージェントを積極的に活用しましょう。

掲載企業数 登録者数 サービス開始
ハタラクティブ 300社以上 非公開 2012年
UZUZ 非公開 82,615人 2012年
Re就活 11,046社 合計1,800,000人 2004年

一生ニートのままでは、記事内で紹介したような最悪のケースもありえます。しかし、ニートの方が手探りで就職活動の第一歩を踏み出すのは困難なので、上記の就職サイトやエージェントの利用は必須です。

それぞれの就職サイトやエージェントの特徴を把握し、自分に合った就職サイトを利用して、ぜひ就職活動の心強い味方として利用してください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる